購読推進で党勢拡大

2024.03.11 07:00(1か月前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

4~5月「集中期間」目標達成訴え
党愛知県本部の会合で若松氏

公明党愛知県本部(代表=里見隆治参院議員)は10日、機関紙購読推進委員会を名古屋市で開いた。若松謙維機関紙推進委員長(参院議員)が出席し「結党60周年記念 機関紙拡大運動 集中期間」(4~5月)の目標達成を呼び掛けた。議員と総支部・支部の顧問が参加した。

若松氏は、公明党の三つの宝として、「大衆とともに」の立党精神、全国の議員ネットワーク、公明新聞を挙げた。本紙によって党の多くの実績が伝わると述べ、「1部増えることが党勢拡大につながる」と強調。集中期間について、「先頭を切って闘う」と決意を述べた。

木下優県機関紙購読推進委員長(名古屋市議)は、有権者比1%を昨年まで11年連続で達成している知多支部(支部長=泉清秀・知多市議)をたたえるとともに、この1カ月余りで自身として新規購読37部を達成したことを述べた。

昨年初当選の月森卓也・名古屋市議は、地域有力者に推進するなど56部を拡大したことを報告した。大治支部の後藤田麻美子支部長、手嶋いずみ副支部長の両大治町議は、昨年11月に有権者比1%を達成した喜びを語った。

購読推進で党勢拡大/4~5月「集中期間」目標達成訴え/党愛知県本部の会合で若松氏

公明党ニュースより

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部