prev

next

prev

next

働く人のミカタ。

私は24年半、厚生労働省に勤務し、行政と政治をつなぐ国会連絡室長などを歴任しました。その経験を生かし、2016年に当選させていただいた直後より、働き方改革の政策立案の担当者として、働かせていただきました。

労働・医療・社会保障などの政策については数多くの経験がありましたが、それだけでは、国民の皆さまから寄せられるさまざまな声を形にすることはできないと考え、あらゆる分野について貪欲に学び抜こうと、国会では財政金融・農林水産・国土交通・経済産業など毎年、異なる委員会に属し、政策実現のために走り抜いてまいりました。

私が目指す日本の未来。それは、「誰一人取り残さない、誰もが輝く社会」です。高齢者や障がい者、子育て世代、外国人、生活困窮者など、全力でサポートします。そして、若者や女性が生き生きと働ける社会を築いていきます。ここ愛知から日本の未来をひらくため、全身全霊で働いてまいります。

プロフィル

里見りゅうじ:プロフィル

  • 1967年10月生まれ。東京大学経済学部卒。
  • 1991年4月、労働省(現・厚生労働省)に入省。その後、長野県庁職業安定課長、在英国日本国大使館一等書記官、厚生労働省国会連絡室長、同省労働基準局参事官、内閣参事官等を歴任。
  • 2014年9月、官民交流でトヨタ自動車(株)に出向。
  • 2016年7月、参議院愛知選挙区に立候補、初当選。
  • 2022年7月、参議院愛知選挙区に立候補、2期目当選。
  • 現在、経済産業・内閣府・復興大臣政務官。
    公明党愛知県本部代表代行、同中部方面本部副幹事長、同団体渉外委員会副委員長、同労働局長、同国際局次長、同経済産業部会、同厚生労働部会、同認知症対策推進本部事務局長、同雇用・労働問題対策本部事務局長。防災士、認知症サポーター。
  • 愛知県岡崎市在住。
  • 妻(愛知県岡崎市出身)と2男2女の6人家族。
  • 小学校時代は書道と剣道、中学時代はサッカーに打ち込み、今は鉄道と地図を見るのが趣味。
  • 小学校のPTA会長を務めるなど、地域への活動に積極的に励んでいる。

実績

里見ヒストリー
 ~ Satomi History ~ 

里見ヒストリー

労働政策のプロ・里見
「若者」 や「女性」 が働きやすい社会へ
介護現場の労働環境改善を目指して
確かな実現力・里見
あらゆる分野で政策を実現
コロナ対策で一時支援金の対象に昼間営業店も

里見ストーリー
 ~Satomi Story~ 

人の心に寄り添う里見

人の心に寄り添う里見

人の心に寄り添う里見

里見には、何としても政策を実現するとの「譲れない思い」「確かな目的」があります。小学生の時、父親の失業等で「教育扶助」を受けました。文房具などを学校で受け取り、同級生の手前、恥ずかしい思いをしました。たとえ必要な制度でも、子どもたちが心に傷を負うような仕組みではいけません。

また、次男・伸治を脳腫瘍によって2歳4カ月で亡くしました。息子の闘病中、医療関係者をはじめ、多くの方に支えられました。そうした経験から、医療的ケア児の支援、ひとり親や生活困窮世帯の児童、不登校の児童などの学習支援にも、誰よりも心を砕いて取り組んでいます。

ビジョン

里見ビジョン
 ~Satomi Vision~ 

里見ビジョン

コロナ対策
脱炭素化を推進
女性が輝く社会へ
愛知の未来
防災・減災

里見エール

里見さんを
応援しています!

水谷 修

夜回り先生

佐藤 優

作家

富樫 泰良

日本若者協議会初代代表理事

出版案内

出版案内

このたび、潮出版社より、著書『愛知から日本の未来をひらく』を出版させていただきました。

6年間の議員としての実績や政策ビジョンをはじめ作家の佐藤優さん、元厚生労働事務次官の村木厚子さん、国際政治学者の三浦瑠麗さんとの対談なども収録されております。

手に取ってお読みいただけると幸いです。ぜひともお願いいたします。


愛知から日本の未来をひらく―― 
「確かな実現力」 で、日本再生へ新たな挑戦!

 定 価:880円(税込み)
 発行元:潮出版社
 発売日:2022年2月10日(木)

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部