勝利の日まで走り抜く 衆院選予定候補と県本部代表が決意

2024.01.01 07:00(6か月前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

来るべき衆院選をはじめ全ての戦いに何としても勝利する。その日まで走り抜く――これが公明党議員・予定候補の誓いだ。衆院選予定候補として昨年公認された3氏と8県本部代表に2024年の抱負を語ってもらった。

■衆院選愛知16区

■いぬかい明佳・地方議会局次長/子どもたちは未来の宝

衆院選愛知16区予定候補として現場を走り回っています。街頭演説を行うたび、寒風の中、真心の声援を送ってくださる皆さまへの感謝の思いがあふれます。断じて勝利の一年にしてまいります。
 
未来の宝である子どもたちが元気に育つことが、希望を持てる社会を築きます。学びの選択肢を増やすなどの支援策を推進し、誰一人取り残さない教育を実現してまいります。

■衆院選比例北陸信越ブロック

■中川宏昌・長野県本部代表/党勢拡大で全てに勝利

本年は結党60年の重要な年です。創立者の示された立党精神を改めて胸に刻み、日々の研さんに注力します。積極果敢に外に打って出て党勢拡大にまい進し、一つ一つの戦いに断固勝利してまいります。

■衆院選比例東海ブロック

■中川康洋・三重県本部代表/衆望担い、先頭で闘う

結党60年となる本年は、東員、菰野両町議選という重要な決戦があります。全議員が衆望を担える議員たるべく、私自身が先頭に立って報恩感謝の思いで闘ってまいります。

■西園勝秀・団体局次長/一人一人の声を国に届ける

港湾と防災の専門家として安心・安全な社会を築くため、一人一人の声を大切にし、国に届け、より良い未来への道を切り開きます。皆さまの期待に応え、地域の発展に貢献してまいります。

■小林宣子・女性局次長/安心して暮らせる社会を

昨年末、国の子ども施策の基本方針「こども大綱」が初めて策定されました。公明党の提案が多く採用されています。子どもたちを含む全ての人が安心して暮らせる社会をめざし小さな声を聞いてまいります。

■里見隆治・愛知県本部代表

県本部一丸となって物価高対策などを推進し、皆さまのご期待にお応えしてまいります。弥富・碧南・岡崎の各市議選、扶桑町議選、次期衆院選に連続勝利してまいります。

■水野吉近・岐阜県本部代表

昨年の地方選の完勝に続き、全ての統一外選挙と次期衆院選の完全勝利をめざし、全議員が一丸となって、新たな支持者の拡大と実績づくりに走り抜いてまいります。

■大口善徳・静岡県本部代表

公明党は立党以来、政治を国民の手に取り戻すため闘ってまいりました。今後も、政治資金の透明性を高めるなど、公明党が改革をリードし、政治への信頼回復に全力を注ぐ決意です。

■谷内律夫・石川県本部代表

昨年の地方選を完勝することができました。誠にありがとうございました。県内の諸課題の解決と次期衆院選勝利のため、信頼のネットワークを拡大し、団結第一で戦ってまいります。

■佐藤則寿・富山県本部代表

昨春、県議に初当選し、その後、県本部新代表として、全議員と共に全力で駆け抜けてまいりました。団結を一層強め、まずは魚津市議選を大勝利し、新たな歴史を開いてまいります。

■市村浩二・新潟県本部代表

公明党結党60年を迎える本年は「佐渡島の金山」世界遺産登録が期待されるなど新潟にとって重要な年です。希望あふれる新時代へ、現場主義、団結第一で勇躍前進してまいります。

(勝利の日まで走り抜く)衆院選予定候補と県本部代表が決意

公明新聞中部版より

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部