ワクチン開発 協力強化

2023.11.30 07:00(3か月前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

国際保健の推進へ意見交換 
党委員会とCEPI・ハチェット氏

公明党国際保健(グローバルヘルス)推進委員長の古屋範子副代表は29日、衆院第2議員会館で、官民連携でワクチン開発に取り組む国際団体「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のリチャード・ハチェット最高経営責任者(CEO)と会い、ワクチン開発などを巡って意見交換した。同委員会の角田秀穂事務局長(衆院議員)、新妻秀規、里見隆治の両参院議員も同席した。

ハチェット氏は、日本によるCEPIへの資金提供を後押ししたことなど、公明党のこれまでの貢献に謝意を表明。日本政府に対しては「G7(先進7カ国)議長国として国際保健に焦点を当てるための仕事をした」と評価した。

また、来日の目的として、日本の政府機関や企業との連携強化を挙げた上で、近く開催されるCEPIの理事会で「日本への増資を諮る予定だ」と説明。これによって、エムポックス(サル痘)のワクチン開発に関する協力関係を強化することへの期待を寄せた。

このほか、国内企業が開発した技術に関する知的財産を守ると同時に、国際貢献を進めるために必要な取り組みや、感染症流行に備える体制整備などを巡って活発に意見を交わした。古屋委員長は、今後の活動に生かしていくと述べた。

ワクチン開発で協力強化/国際保健の推進へ意見交換/党委員会とCEPI・ハチェット氏

公明党ニュースより

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部