愛知の防災力向上へ

2023.08.11 07:00(8か月前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

斉藤国交相、整備中の県拠点など視察
伊藤(渉)氏ら同行

斉藤鉄夫国土交通相(公明党)は10日、愛知県の防災・減災対策などが進む箇所を視察し、国民の命を守る街づくりに向けた課題を調査した。公明党の伊藤渉衆院議員、里見隆治参院議員が同行した。

斉藤国交相らは、豊山町で整備中の県基幹的広域防災拠点(2027年開設予定)を視察。同拠点は、大規模災害時に全国から人員や緊急支援物資などを受け入れ、応急活動の後方支援を担う。平時は防災教育などを行う。県営名古屋空港と高速道路のインターチェンジに近く、人員・物資の受け入れや供給がしやすい。斉藤国交相は「県全体の防災力アップにつながる。整備を後押ししたい」と話した。

斉藤国交相らは、扶桑町に建設中の新愛岐大橋にも足を運んだ。渋滞解消や災害時の緊急輸送道路確保など事業の効果を聞いた。

このほか、円滑な在庫管理に取り組む大口町の物流倉庫、小牧市で改良中の国道155号も訪れた。

愛知の防災力向上へ/斉藤国交相、整備中の県拠点など視察/伊藤(渉)氏ら同行

公明党ニュースより

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部