立党精神を胸に現場へ

2022.08.12 07:00(2か月前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

マイナカードの普及促進も
北陸議員研で竹内政調会長

公明党の竹内譲政務調査会長は11日、党石川県本部(代表=増江啓県議)と富山県本部(同=吉田勉県議)が金沢市で共催した北陸夏季議員研修会に出席し、「議員同士が団結し、学びを深め、大衆とともに歩んでいこう」と力説し、立党精神を胸に徹して現場に入っていこうと呼び掛けた。

竹内政調会長は、石川県小松市などの豪雨災害にお見舞いの言葉を述べるとともに、党のネットワークで支援に取り組む考えを示した。

また、マイナンバーカードの全国普及率が5割に近づいていることに触れ、「交付を促進させているのは公明党提案のマイナポイント事業だ」と強調。マイナカードは行政のデジタル化だけでなく、住民にとって利便性の向上と社会保障制度の基盤になると訴えた。

このほか、中川宏昌衆院議員、里見隆治、新妻秀規、上田勇の各参院議員があいさつ。新開広恵・富山県高岡市議と田端雄市・石川県能登町議が活動報告を行った。

立党精神を胸に現場へ/マイナカードの普及促進も/北陸議員研で竹内政調会長

公明党ニュースより

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部