全国各地で対話をくりひろげてくださる方々に改めて感謝

2022.06.16 23:24(1週間前) ブログ |里見りゅうじ(里見隆治)

昨日の公明新聞の北斗七星に書かれているような対話が全国各地でくりひろげてくださる方々に改めて感謝です。

 「あなたらしい」を築く、「あたらしい」社会へ――男女共同参画週間(23日から)のキャッチフレーズだ◆「男だから」「女だから」という「アンコンシャス・バイアス」(無意識の思い込み)。共同参画が進まない原因の一つとされる。どうすればなくせるのか。一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所の守屋智敬代表理事が内閣府広報誌『共同参画』昨年5月号で述べている◆それは決めつけない、押しつけないことだ。「“普通”そうだ」は価値観の決めつけ、「どうせムリ」は能力の決めつけ、「こうある“べき”だ」は理想の押しつけ。「ひとりひとりと対話をしてみること」「相手を尊重する心の姿勢を持つこと」がカギだと指摘している◆「あの人は〇〇だから」との思い込みはないか。北斗子は先日、野党支持だった友人と対話。里見りゅうじ参院議員(参院選予定候補=愛知選挙区)が“ご用聞き”の活動を基に、一時支援金を喫茶店など昼間営業の店にも支給させたことを伝えた。「人柄と活躍がよく分かった」と、うれしい返事があった◆国会は今日閉じ、いよいよ参院選へ一瀉千里。とにかく対話してみることだ。自分らしく、新しい拡大に挑もう。(直)

公明新聞の北斗七星

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部