認知症基本法 成立に期待

2019.10.19 07:00(3年前) ブログ公明党ニュース |里見りゅうじ(里見隆治)

バルバリーノ氏(左から3人目)と懇談した古屋副代表(同5人目)、里見氏(右端)ら=18日 衆院第2議員会館

古屋副代表ら 国際団体と意見交換

「認知症基本法案は素晴らしい内容だ。(認知症施策で)日本は他の国々をリードしてほしい」

来日中のパオラ・バルバリーノ国際アルツハイマー病協会CEO(最高経営責任者)は18日、衆院第2議員会館で公明党認知症施策推進本部の古屋範子本部長(党副代表)、里見隆治事務局長(参院議員)、自民党の田村憲久政務調査会長代理、鈴木隼人衆院議員と面談。与党が6月に衆院へ提出した同法案を評価し、成立に期待を寄せた。

バルバリーノ氏は、法案に盛り込まれた▽若年性認知症を含む認知症の人の就労▽認知症に関する教育の推進――に言及。他の国では取り組みが十分でないとして、特に重要との考えを示した。

田村氏は、法案について「公明党が大変熱心に党としての案を作り、それを受けて自民党も議論し、本人・家族団体の意見を聞いて作り上げた」と述べた。

古屋副代表は「(バルバリーノ氏の評価に)勇気づけられた。成立に向けて一生懸命、取り組んでいく」と強調した。

公明党ニュースより

認知症基本法成立に期待/古屋副代表ら、国際団体と意見交換

公明党
公明党青年委員会
公明党愛知県本部