オンラインで活発に国政報告会/党浜松総支部で里見氏

オンラインで活発に国政報告会

党浜松総支部で里見氏

公明党静岡県本部浜松総支部(総支部長=黒田豊・浜松市議)はこのほど、オンラインによる国政報告会を開催した。公明党の里見隆治参院議員が、新型コロナワクチン接種事業に対する党の取り組みなどを語った。

里見氏は、国・県・市町村の公明党議員が現場へのヒアリングを重ね、医師・看護師の確保など接種体制の課題を調べてきた経緯を説明。寄せられた声を基に国に対策を促し、業務時間外や休日に医療従事者を派遣する医療機関への補助の増額や、へき地以外には原則禁止されている看護師の派遣を来年2月まで認める特例措置が取られたことを紹介した。その上で里見氏は「接種を希望する人が、いち早くワクチンを打てるよう、公明党のネットワークを駆使して取り組んでいく」と語った。

公明党ニュースより

オンラインで活発に国政報告会/党浜松総支部で里見氏