里見りゅうじ

  • 1967年10月生まれ。東京大学経済学部卒。
  • 1991年4月、労働省(現・厚生労働省)に入省。その後、長野県庁職業安定課長、在英国日本国大使館一等書記官、厚生労働省国会連絡室長、同省労働基準局参事官、内閣参事官等を歴任。
  • 2014年9月、官民交流でトヨタ自動車(株)に出向。
  • 2016年7月、参議院愛知選挙区に立候補、初当選
  • 現在、参議院議員。公明党労働局次長、同国際局次長、同愛知県本部副代表。防災士。
  • 名古屋市在住。
  • 妻(岡崎市出身)と2男2女の6人家族。
  • 小学校時代は書道と剣道、中学時代はサッカーに打ち込み、今は旅行と山登りが趣味。
  • 小学校のPTA会長を務めるなど、地域への活動に積極的に励んでいる。

里見りゅうじさんが写真2件を追加しました。

【参議院選挙制度改革への対応】

今通常国会も延長後、いよいよあと5日間となりました。
終盤にかけて重要な法案が目白押しです。
その中で、先週11日、公職選挙法改正案が参議院本会議で可決され、現在、衆議院で審議中です。

私も、この法案を審議した政治倫理確立・選挙制度特別委員として審議に参加いたしました。

なぜ今参議院選挙制度改革か?という点は、3年前の同法改正で、2019年の参議院選挙までに「1票の格差」是正へ選挙制度の抜本的な見直しについて検討し、「必ず結論を得る」とされているからです。
来年の選挙まで1年を切り、国会としては何らかの結論を今国会で出す責任があるのです。

公明党は、抜本改革案として全国11ブロック別の大選挙区制という内容の法案を提出、各党に説明し、調整していましたが、残念ながら多数の賛同は得られず、委員会で否決されました。
賛成したのは、理事の西田まこと議員、平木大作議員、横山信一議員、と私・里見隆治の公明4名だけでした。

他にも、自民、国民民主、立憲、維新などが法案を提出していましたが、最終的には、自民党案が可決されました。
公明党は、自民党案が「1票の格差」是正のための埼玉選挙区の定数2増と比例区の定数4増の案に対して、修正を迫り、比例の定数を2増に抑えることを訴えましたが、自民党は難色を示しました。
次いで、公明党は、自民党案が採決される前に、付帯決議を提案しました。
その内容は、自民党案が成立したとしても、抜本改革に向けた議論を進めること、そして、定数増によっても参議院関係の予算が増加しないよう経費節減を行うというものです。

自民党はこの付帯決議を受け入れましたので、苦渋の決断となりましたが公明党は自民党案に賛成した上で、自民党の賛成も得た上でこの付帯決議も賛成多数で決議されました。

今回の選挙制度改革により、一票の格差は是正されるものの、定数が増えることには国民の皆様からの疑問のお声もいただいています。
こうしたお声を謙虚に受け止め、引き続き抜本改革に向けた議論を進め、また、参議院全体の経費節減を進めてまいる所存です。
... もっと見るもっと見る

Facebookへ

公明党提出案が与党としても否決され、自民の提出案に賛成、付帯決議内容はよみましたが今一つ釈然としません。苦渋の選択は不要かとおもいます。反対しても通過したんでしょうが、来年の政局に悪影響と思います。強い不快感を覚える。

5 時間 前
Avatar

Facebookでのコメント

里見りゅうじさんが写真3件を追加しました。

7月16日、名古屋駅前で街頭募金活動に参加。

地元中川区や西区から「被災者を支援する愛知県民の会」の代表の皆様とともに、参議院の魚住裕一郎議員、新妻ひでき議員、党愛知県本部の安江のぶお副幹事長、木藤俊郎県議(県本部幹事長)はじめ多数の県・市議も。

西日本豪雨の被災地の皆様にご協力頂いた皆様の真心をお届けいたします。
... もっと見るもっと見る

Facebookへ

猛暑の中お疲れ様です。

8 時間 前
Avatar

ウオちゃんも御健在でよかった。皆さま方も体調管理に、気をつけてお過ごしください。

5 時間 前
Avatar

Facebookでのコメント

里見りゅうじさんが写真9件を追加しました。

【豪雨水害からの生活再建、さらに防災減災の取組みへ】

改めまして今回の西日本豪雨によりお亡くなりになった皆様のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
猛暑の中で、人命救助、復旧作業等に当たってくださっている消防、警察、自衛隊、自治体、地域組織、ボランティアをはじめとする皆様に心から敬意と感謝を申し上げます。
被災者の皆様、作業に当たってくださっている皆様、くれぐれもご体調にお気をつけください。

7月15日、私は、岐阜県関市上之保(かみのほ)を、足立将裕(まさひろ)市議、幅永典(ながのり)市議とともに訪れました。
この地域は、7月8日に津保(つぼ)川が豪雨により氾濫して100棟以上が床上浸水の被害に遭いました。
ご家庭を訪問すると、一週間経過して、浸水した一階部分の土砂を搬出した上で、使えなくなった家具や木材などを処分したり、水に押し流された川沿いの裏庭に自ら土を盛って固めるなど、生活再建に向けた作業を猛暑の中、進めておられます。
生活再建のための支援策を進めて参ります。

河川の水面が瞬く間に上がってきたことを伺いながら、保水・治水能力を持つ山の管理や、川上からの土砂により川底が少しづつ上がっている川底の浚渫(しゅんせつ)の必要性、堤防の強化など、地域の皆様から氾濫に対する様々なご意見、ご要望をいただきました。
河川の修復とともに、今後にも備えた堤防等の強靭化を進めます!
... もっと見るもっと見る

Facebookへ

猛暑の中ご苦労様です。 私はボランティア等、出来ないので自分でお役にたてる義援金等々に参加したいと思っています。

20 時間 前
Avatar

Facebookでのコメント

あす7/14(土)の朝5:30~5:45の15分間、地元、東海地方のCBCラジオ「国会ふるさと便」に私のインタビューが放送されます。テーマは延長国会の課題、働き方改革の意義、100万人訪問・調査活動を通して防災、認知症対策についてヒントを頂いたこと等です。是非、お聴きください。 ... もっと見るもっと見る

Facebookへ

おはようございます😃。 ラジオ出演、拝聴しました。 訪問調査アンケートから見えてくる「介護」の将来の不安について宮城県の「オレンジドア」のお話が興味深かったです🌸

4 日 前
Avatar

Facebookでのコメント

7月10日、前日決定した政治倫理確・選挙制度委員会は、日本維新の会から委員長の問責決議案が提出され、予定していた質疑は進まず。

議員運営委員会理事会では、今回の豪雨災害への対策について参議院としての決議案を出すことで与野党一致。
また、件の問責決議案については、その扱いにつき翌日朝にかけて協議することに。

国会終盤戦に差し掛かる緊迫した時期ですが、公明党政調の各部会等は続きます!
この日は、「がん対策推進本部」の会合や協同労働の法制化のための会合に出席し、政策審議は次のステージに向けて歩みを進めます。
... もっと見るもっと見る

Facebookへ

QRコードが
読み取れない方は
entry@satomi-ryuji.com】へ
空メールを送信!

QRコードを読み取るか、スマートフォンで友だち追加ボタンをクリックし、「追加」してください。

ダウンロード

里見りゅうじ通信、マンガ、キャラクターなど、印刷物のデータをダウンロード。

© 里見りゅうじ(里見隆治). ALL RIGHTS RESERVED.