放射線治療、体制強化へ/「同位元素」国内製造訴え/秋野、三浦氏

放射線治療、体制強化へ

「同位元素」国内製造訴え/秋野、三浦氏

31日の参院決算委員会で公明党の秋野公造、三浦信祐両氏は、がん医療の質向上に向けて、体への負担が少ない放射線治療や早期発見検査に用いられる医療用の放射性同位元素(ラジオアイソトープ=RI)の安定確保を訴えた。

秋野氏は、日本がRIを輸入に依存し、これまで数回にわたり海外から供給制限された経緯に触れ、「国内でRIを製造することはできないか」とただした。

文部科学省は、日本原子力研究開発機構の高速実験炉「常陽」などで製造が可能との考えを示した。

三浦氏は、RIの国内確保へ「国として戦略的に取り組んでもらいたい」と要請。井上信治科学技術担当相は、国内でのRI製造を進めるため、文科省、厚生労働省、経済産業省との連携の下、検討していく考えを表明した。

■母乳バンク普及の取り組み進めよ/里見氏

同委員会で公明党の里見隆治氏は、早産などにより低体重で生まれた赤ちゃんの病気を防ぐ取り組みとして、母親の母乳が出ない場合などに、寄付された母乳を提供する「母乳バンク」について質問。有効性・安全性の調査研究を進めながら「普及に向けた体制整備も図るべきだ」と訴えた。田村憲久厚労相は「必要な人に行き渡るような対応を考えたい」と答えた。

公明党ニュースより

放射線治療、体制強化へ/「同位元素」国内製造訴え/秋野、三浦氏