ワクチン確保を主導

里見氏が強調 安心な接種体制へ連携/党愛知県本部 

公明党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)はこのほど、オンライン会議システムを活用して国政報告会を開催した。これには里見隆治参院議員、党県本部所属の議員、党員らが参加した。

里見氏は「新型コロナウイルスのワクチン確保を先導してきたのは公明党だ」と強調。公明党が政府に予算を確保させ、海外メーカーからの供給確保と国内生産体制構築を進めたことを力説した。さらにWHOなどが主導するワクチン共同調達の国際枠組み「COVAXファシリティー」への参加について、公明党が政府に要請したことで先進国の中でいち早く参加を表明し、多くの国が続いたことも述べた。ワクチン接種については「副反応を心配する人もいる。安心して迅速に接種を受けられるように各市町の公明議員と連携していく」と話した。

ワクチン確保を主導/里見氏が強調 安心な接種体制へ連携/党愛知県本部

公明党ニュースより