ネットワークで政策実現

4団体から要望聞く/党愛知県本部

公明党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)は20日、名古屋市内で団体懇談会を開催し、県調理師会、県タクシー協会、マンション管理業協会中部支部、県歯科衛生士会から個別に要望を受けた。伊藤代表、里見隆治、新妻秀規の両参院議員らが参加した。

このうち県歯科衛生士会の金森いづみ会長らは、愛知県が東京・神奈川などの大都市と比べ人口10万人当たりの歯科衛生士就業者数が少ないことについて、育休などが取りづらいことによる女性の働きづらさが原因と指摘。育児中の女性が働き続けられる制度の推進などを求めた。これらの要望に対し里見氏は「国・県・市のネットワークを生かし、実現に力を尽くしたい」と答えた。

公明党ニュースより

ネットワークで政策実現/4団体から要望聞く/党愛知県本部