東京五輪・パラへ 地域の魅力を発信

「日本遺産の日」でイベント
浮島氏が出席 石見神楽など披露も

東京五輪・パラリンピックへ地域の魅力を発信――。2月13日の「日本遺産の日」を記念するイベントが13日、都内で開かれた。これには日本遺産の認定制度の創設を提案し、推進してきた公明党の浮島智子鰐淵洋子の両衆院議員と里見隆治参院議員が出席。佐々木さやか文部科学大臣政務官(公明党)も駆け付けた。

日本遺産は、文化財などの保護が目的の世界遺産とは異なり、東京五輪・パラリンピックの開催に向け、地域の遺跡や伝統芸能・文化など有形無形の文化財をストーリーとして積極的に発信するのが狙い。自治体の申請を受け、文化庁が認定する制度で、今年度までに83件が認定された。

この日のイベントでは、島根県の伝統芸能で日本遺産に認定されている「石見神楽」が披露され、漫才コンビの「ナイツ」らがトークイベントに登場した。

イベント後、浮島氏は「五輪を契機に、日本の文化財の魅力をさらにアピールしていきたい」と述べた。

公明党ニュースより

東京五輪・パラへ 地域の魅力を発信/「日本遺産の日」でイベント/浮島氏が出席 石見神楽など披露も「日本遺産の日」の記念イベントで文化庁の宮田亮平長官(右)と懇談する浮島氏=13日 都内