各世代が納得できる社会保障を求めていきます

健康保険組合全国大会に参加

11月22日、都内で健康保険組合全国大会に参加。
公明党から桝屋敬吾社会保障制度調査会長が代表してご挨拶。
現役中心の健康保険組合の皆様からは、現役世代がこれ以上の負担に耐えられないとの悲痛の声をいただきました。

今、政府の主要課題の一つは全世代型社会保障ので推進。ともすると起こりがちな世代間の対立を煽るのではなく、各世代が納得できる解を求めていきます。

健康保険組合全国大会に参加