脱炭素社会へ新技術

神戸の造船工場を視察/党国交部会と経産部会

公明党国土交通部会と経済産業部会は14日、神戸市中央区の川崎重工業株式会社の神戸造船工場を視察した。これには新妻秀規伊藤孝江、里見隆治、高橋光男下野六太の各参院議員、兵庫県議団が参加した。

一行は高速船・ジェットフォイルや海中設備の点検を行える自律型無人潜水機(AUV)、究極のクリーンエネルギー・水素を超低温で圧縮した液化水素の状態で輸送できる運搬船の建造現場を視察した。

質疑応答で川重側は、国家戦略である水素エネルギーの利活用に不可欠な運搬技術の開発へ財政的な支援を要望。新妻氏らは「脱炭素社会、持続可能な開発目標・SDGsの達成に役立つ先端技術であり、しっかり後押ししたい」と述べた。

公明党ニュースより

脱炭素社会へ新技術/神戸の造船工場を視察/党国交部会と経産部会