口腔がん検診の充実必要/歯科医師会などの要望受ける/党愛知県本部

公明愛知本部(代表=伊藤渉衆院議員)はこほど、名古屋市内で、歯科医師歯科医師連盟(ともに内堀典保長)から来年度予算などに関する要望を受けた。伊藤代表、浜田昌良、里見隆治、安江伸夫各参院議員らが参加した。

内堀長らは、希少がん一種である口腔がんによる死亡数が上昇していることを指摘。歯科医師などを対象にしたスキルアップ研修や内で集団検診実施、検診機器整備を要望し「早期発見によって死亡率を抑えることができる」と話した。

ほか、口腔保健支援センターへ歯科医師継続的配置なども求めた。

浜田氏は「口腔がんは大きな問題だ。先行事例を参考に口腔がん検診を広めていきたい」と答えた。

公明党ニュースより

口腔がん検診の充実必要/歯科医師会などの要望受ける/党愛知県本部