委員会質疑から

里見氏=16日 参院農水委

市町村がリードし地域の農地集積化
里見氏

参院農林水産委員会は16日、農地を集め大規模化を促す農地中間管理機構(農地集積バンク)の貸借の手続きを簡素化する農地中間管理事業推進法等改正案を自民、公明の与党両党などの賛成多数で可決した。

採決に先立つ質疑で、公明党の里見隆治氏は、農地の集積化に関して「市町村が地域の合意形成をリードすることが重要」と主張。農水省は、会議の調整役として「農業関係OBを市町村に派遣していく」と答えた。

公明党ニュースより https://www.komei.or.jp/komeinews/p29621/