参院 印刷費を削減へ

ペーパーレス化による参院の経費節減について議論した与党プロジェクトチーム=19日 参院議員会館

西田氏「歳費も含め議論を」
与党プロジェクトチーム

自民、公明の与党両党は19日、参院議員会館で「参院の諸経費の節減に関する与党検討プロジェクトチーム(PT)」の会合を開き、参院で議員に配布する資料のペーパーレス化について意見交換した。公明党から西田実仁参院幹事長、里見隆治参院議員が出席した。

同PTでは、先の通常国会で参院定数を6増やす改正公職選挙法が成立したことを受け、参院の経費節減への具体策を協議する。

席上、参院事務局は、資料のペーパーレス化を進めている衆院の取り組みについて説明。与党両党は、参院として衆院を上回る削減額をめざし、検討を進めていくことを確認した。

会合終了後、西田参院幹事長は記者団に対し、今後の議論の進め方について「改正公選法の付帯決議で掲げた経費節減の約束を果たすため、議員歳費も含め、経費節減の全体像を議論していきたい」と述べた。

https://www.komei.or.jp/komeinews/p13795/