大阪北部地震や東日本大震災を通して小学校における防災対応を意見交換

超党派の防災士議員懇話会

7月4日、超党派の防災士議員懇話会に出席。
公明党の若松かねしげ参議院議員が会長を務められます。
浜田まさよし復興副大臣も出席。

大阪北部地震や東日本大震災を通して小学校における防災について政府の対応を伺い、意見交換。
私からは、ブロック塀の点検について現場で専門家が足りていないとの声を聞いていることを質しました。

また、以前PTA活動で保護者の方から伺った、引き取り訓練ではなく、親が引き取れないことを想定した訓練を、とのお声を届けました。
訓練も実践的なものに、また、地域との関わり、防災士の活用などが大事です!

超党派の防災士議員懇話会