財政金融委員会で財務省の対応を追及

財政金融委員会で財務省の対応を追及

国会では、3月15日、野党が審議に復帰し、手続きが進みだしました。
私が属する参院財政金融委員会では、森友学園の国有地取引に関する決裁文書書き換え問題について、14日に私からも麻生大臣、太田理財局長に質問し、新聞報道等で様々な反響をいただいています。

具体的には、中央省庁で採用されている電子決裁文書に、今回問題となっている書き換え前の文書の一部がずっと残っていたのではないか、と私から質したのに対して、それを局長が認めたものです。
「本省には文書が残っていない」というこれまでの説明が覆りました。
更に、その文書は常時複数の職員が閲覧可能だったのではないか、と質問したところ、財務省側はその場で答えられず、宿題となっています。

この問題に加えて、いわゆる予算関連で年度内に成立させるべき所得税法や関税法の改正法案など、重要法案も目白押しです。
国会での論戦、さらに頑張ってまいります!