閉会中審査で獣医学部設置に関して質疑

170710

7月10日、昨年の同じ日、愛知県選挙区で初当選させていただき、ちょうど満一年を迎えます。
日々、初めてのことの連続で戸惑いもありますが、ご支援いただいた皆様のご期待にお応えしたい、との思いで活動しています。

今日は、国会でも珍しい閉会中審査。
参議院では、前川 前文部科学事務次官、加戸 前愛媛県知事を参考人として招き質疑。
公明党から私が質問に立ちました。

愛媛県今治市は、平成19年から、構造改革特区の提案を15回も粘り強く要望されてきました。
今の事態が、文部科学省、農林水産省、厚生労働省の縦割りにより、獣医師の定員管理が政府全体として責任を持って対応できてこなかったために、最終的に内閣府によって特区の対応が強力に進められたと考えます。
熱心に取り組む地方自治体の思いをくじくのではなく、うまく力を引き出すような対応を国はすべきである、と指摘しました。

国の発展は、やる気のある地方との協働なくしては、なし得ません!

参議院では、前川 前文部科学事務次官、加戸 前愛媛県知事を参考人として招き質疑