フェアトレードの普及や障がい者に配慮した社会づくりについて質問

5月11日、内閣委員会で東京オリンピック・パラリンピック大会を契機とした、フェアトレードの普及や障がい者に配慮した社会づくり、障がい者による芸術・文化振興について質問。

胸に付けていたのは「beyond(ビヨンド)2020」のロゴマーク。

2020年以降を見据え、日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化に繋がるレガシーを創出するプログラムです。
丸川大臣もその推進への思いを語り、応えてくれました!

内閣委員会で東京オリンピック・パラリンピック大会を契機とした、フェアトレードの普及や障がい者に配慮した社会づくり、障がい者による芸術・文化振興について質問。内閣委員会で東京オリンピック・パラリンピック大会を契機とした、フェアトレードの普及や障がい者に配慮した社会づくり、障がい者による芸術・文化振興について質問。胸に付けていたのは「beyond(ビヨンド)2020」のロゴマーク