憲法施行70年を迎えて

名古屋駅前で党愛知県本部として国会議員が街頭演説。 魚住裕一郎中部方面本部長、伊藤渉愛知県本部代表、新妻秀規副代表そして私が参加いたしました。

本日5月3日、日本国憲法施行70周年を迎えました。

わが国は、まさに日本国憲法の下で戦後復興、民主化を進め、経済大国、平和国家としての国際的信用を得てまいりました。
また、基本的人権を具現化すべく、社会保障、労働政策が進められてきました。

2日には、名古屋駅前で党愛知県本部として国会議員が街頭演説。
魚住裕一郎中部方面本部長、伊藤渉愛知県本部代表、新妻秀規副代表そして私が参加いたしました。

私からは、憲法の「国民主権」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」の三原理を堅持した上で、新しい時代に対応して必要が生じれば、「加憲」の立場でしっかり議論していくことをお話ししました。

また、勤労の権利、義務を定めた憲法第27条を引きながら、勤労条件に関する基準は法律で定めるとされており、今回の働き方改革を受け、罰則付き時間外労働の上限規制など、労働基準法等の改正につなげていくことをお約束しました。

今後、さらに憲法の三原理を政策として具体化していく作業を積み重ねて参ります!