地域の医療拠点の充実は地域住民の安心の基盤

名古屋市西区休日急病診療所の建替新築記念の式典に出席

東日本大震災から6年が経過しました。
以前もご紹介した宮城県の国立病院機構宮城病院。
先週訪れた山元町で、震災直後、医療拠点として重要な役目を果たされました。
日常のみならず、大災害時に医療拠点が整備されていることの重要性を感じます。

3月11日、私は、名古屋市西区休日急病診療所の建替新築記念の式典に出席しました。
今回の完成にいたるまでご尽力いただいた皆様には心より感謝申し上げます。
災害時の対応も考慮に入れ、また、バリアフリーなどの配慮もあり、ゆったりとした構造となっています。
日常の休日急病の際も、そしていざという災害時にも、受け入れてもらえる場所があるという安心感は何よりです。

今後、地域の皆様のニーズにお応えいただく施設として運用されるよう、私も応援して参ります!

名古屋市西区休日急病診療所の建替新築記念の式典に出席