“最低賃金1000円”を目指して!

“最低賃金1000円”を目指して!里見りゅうじ(参院選・愛知選挙区候補者)
こんばんは、里見りゅうじです。

今年も厚労省中央最低賃金審議会で、“最低賃金”の議論がスタートしました。
この最低賃金とは、「企業が働き手に支払わないといけない最低限の賃金」のことです。
最低賃金は毎年見直しが行われており、厚労省審議会、各都道府県の審議会での話し合いを経て、毎年10月頃には各地の最低賃金が順次決まっていきます。

私自身も、この厚労省審議会を担当する責任者(労働基準局賃金時間室長)を、2012年~2014年まで務めさせて頂いた経験があります。
有識者、労働者、使用者間の交渉は、毎回毎回、夜を徹して行われたものです。
本当にクタクタになりながらも、粘り強く、交渉の現場をお支えした結果、2013年に15円、2014年に16円の最低賃金引き上げが実現しました。
安倍政権が掲げる“物価上昇の目標2%”を超えることができました。

今、公明党が目指す“最低賃金1000円の実現”!
まさに、私の経験を充分に活かして頂けるものと、心から確信をしております。

弱い立場にいる人、困っている人を何としても支えていくんだという思いで、庶民の暮らしと命を守る行政に、全力で取り組んで参りました。
私の全ての経験を活かして、一人ひとりの暮らしと命を守る政治を何としても実現していきます

 

里見りゅうじの7つの政策

里見りゅうじがわかる5つの動画