経済成長は中小企業や地域・家庭などまで行き渡って初めて達成

町工場の社長から切実なお声を頂きました

今日は、勤労感謝の日。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨とする日です。

今、話題のテレビドラマ、「下町ロケット」。町工場の人たちが、技術者としての誇りをかけて、ロケット開発の夢に向かって、立ちはだかる現実と格闘していくという物語です。
日本の“ものづくり”は、世界に類のない誠実な“勤労”と質の高い“生産力”で支えられています。

先日、町工場の社長から「大企業の収益改善の波はまだまだ町工場には及んでいない」との切実なお声を頂きました。経済成長は、中小企業や地域・家庭など、日本の隅々の地方まで行き渡って初めて、達成と言えます。厚生労働省での24年半の経験と実績をいかして、全てのひとが輝ける社会を目指して、動きに動き、語りに語って参ります。