労働者協同組合法案の骨子とりまとめ

労働者協同組合法案の骨子

12月20日、与党協同労働の法制化ワーキングチーム会合で、田村憲久座長(自民)、桝屋敬悟座長代理(公明)のもと、法案の骨子について協議、了承に至りました。

私自身、愛知県でも、ワーカーズコープ、ワーカーズコレクティブの高齢者、障害者、生活困難者向けの事業を拝見して来ました。その活動基盤として労働者が自ら地域の事業を経営していくという法人格を法的に裏付けられるよう、その仕組みを長時間かけて検討して来ました。

我が党からは、元来坂口力元厚生労働大臣が熱心に取り組んでこられましたが、今回の与党ワーキングチームでは、桝屋座長代理を始め、中川 康洋前衆議院議員や伊藤たかえ参議院議員も検討にご一緒頂いて来ました。

ようやく法律案の骨子の形にまで結実しましたので、今後、与野党の多くの議員の賛同を得て、成立を期して参ります!