教育の無償化が前進

女性議員と共に、党の実績をアピールする里見氏(中央)=16日 名古屋市

党愛知女性局と街頭演説
里見氏

公明党愛知県本部女性局(局長=長谷川由美子・名古屋市議)は16日、名古屋市内で街頭演説会を開催した。里見隆治県本部副代表(参院議員)が党の実績をアピールした。

この中で里見氏は、15日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)について、幼児教育無償化の来年10月全面実施や私立高校授業料の実質無償化などを打ち出し、公明党の主張が多く盛り込まれたことを紹介。「小さな声をさらに聞き、女性議員と連携し、政策実現に全力で取り組んでいく」と訴えた。

長谷川局長は県本部の所属議員の4割が女性であることを述べ「女性の視点で住みやすい街づくりを進めていく」と強調した。