「障害者週間・読書権セミナー」に参加

東京・有楽町マリオンで開催された「障害者週間・読書権セミナー」に参加

12月7日、東京・有楽町マリオンで開催された「障害者週間・読書権セミナー」に参加。
障害者週間の企画として、NPO法人大活字文化普及協会(理事長: 相賀昌宏 小学館社長)が主催されました。

視覚障がい者のみならず、増加する高齢者も含めて、読み書きができないことが、どれほどに生存を脅かすか?
こうした「読書権」を保証する行政施策を進める活動が各地で進められています。

愛知県でも、小牧市の稲垣えり子市議、春日井市の石原名子市議等が、各市で自治体職員等向けに読み書き(代筆・代読)の支援ができるよう、講習会開催を議会質問し、実現しています。11月15日も小牧市で3年連続の開催!

同様の活動が国の補助対象に認められ、全国で広まりつつあります。
セミナーには、公明党の市会議員が、東京・墨田区、江東区、小平市、埼玉県白岡市、春日部市、寄居町、神奈川県大和市をはじめ多数お見えでした。
私も活動を支援してまいります!

東京・有楽町マリオンで開催された「障害者週間・読書権セミナー」に参加 東京・有楽町マリオンで開催された「障害者週間・読書権セミナー」に参加