いのちを守る防災対策

いのちを守る防災対策

私は、南海トラフ巨大地震をはじめとする大災害に備えて、防災士の資格を取得しました。
これまで起きた東日本大震災など、災害は突然発生します。
だからこそ、事前準備の防災・減災対策に全力を注がねばならないと思います。

各地の防災センターなどを視察する中で、今回の熊本地震が発生。
熊本の市町村の行政機能が大きな被害を受け、麻痺してしまうという事態が起きてしまいました。
そこで、私が提案したいのは、大災害によってそのような事態になったとしても、迅速に復旧・復興の指揮をとれる専門チームを中央官庁に創設すること。
いつくるか分からない災害に万全の対策を取ってまいります。

さらに、公明党の粘り強い取り組みによって、公立小中学校の耐震化は、ほぼ100%を達成しましたが、これからは、防災拠点となる市町村の庁舎や病院などの耐震化100%を実現し、地域の防災力を大幅に強化していくことをお約束します。

里見りゅうじは、いのちを守る防災・減災対策に全力を尽くす決意です。

 

里見りゅうじの7つの政策

里見りゅうじがわかる5つの動画