愛知の未来をつくる――すべては「ひとり」のために 里見りゅうじ・著

愛知の未来をつくる――すべては「ひとり」のために 里見りゅうじ・著

1月20日に自著を出版させて頂きます。

私が政治の道を志した理由をはじめ、幼少期の思い出、厚生労働省での経験、家族のことまで、赤裸々に綴らさせて頂きました。また、大村秀章氏(愛知県知事)、樋口恵子氏(東京家政大学名誉教授)、駒崎弘樹氏(認定NPO法人「フローレンス」代表理事)との対談も掲載をさせて頂きます。ありがたいことに、対談では非常に心強い応援のメッセージも頂戴致しました。
みなさまにも、ご一読いただければ幸いです。

自著の制作に当たって、これまで経験したことのない程、今までの自分の人生と向き合いました。改めて痛感することは、自分の人生は本当に多くの方から支えられてきたという事実です。人は必ず誰かに支えられて生きていると思います。まさしく「政治」も、どこまでも「悩めるひとりを支えるために働く」ことが根本だと思います。

今まで自分を支えて下さった方々へのご恩に報いるためにも、「ひとりのため」に、益々の決意で、全力で走り抜いて参ります!

「愛知の未来をつくる――すべては「ひとり」のために」
定価 :820円(税込み)
発行元:潮出版社
発売日:1月20日(水)

愛知の未来をつくる――すべては「ひとり」のために 里見りゅうじ・著